サインの書き方|実演(イニシャルK)

今回はイニシャルKを取りあげてみたいと思います。モデルは多治見国長Kuninaga Tajimi)さんでいきたいと思います。

多治見国長さんは鎌倉時代末期の武将です。岐阜県の多治見市を拠点に活躍していたそうですよ。今回は、Kをイニシャルにして、K. Tajimiでいきます。

スポンサーリンク

実演

まずはステップ2から

引き続き配置の検討

下に配置した方が安定するので、下にすることにします。

引き続きデザインに入ります。

まずは普通に書いてみて、すこしづつ崩していきます。

次は、Kを大きく崩してみます。上のサンプルではKの上を伸ばしました。下のサンプルでは、iの下を伸ばして、対照の平行線にし、バランスを出してみました。

Kが少し凝り過ぎて、書きづらそうなので、Kを簡素化する方向で試してみました。

こちらの方がKの伸びやかさが感じられ、良い雰囲気ですね♪

最終的に、以下の2つのパターンで完成としました。上がシンプルバージョンで、下がリッチバージョンです。

まとめ

さて、今回のKはいかがでしたでしょうか。Kの崩しは一度悩みだすと結構難しく、迷いに迷いました。しかし色々と試した結果、Kはシンプルな線で伸びやかさ・自由さを演出するのが実用的だと思います。

最後に、ボツ集を載せておきますので、参考になれば幸いです。

以上、Kでした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。もし記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです。

スポンサーリンク




サイン自作に役立つサイトをまとめたリンク集つくりました。是非こちらも併せてご覧ください。 便利なサイト(ここをクリック)

コメントをどうぞ