サインの書き方|実演(イニシャルM)

m

今回はイニシャルMを取りあげてみたいと思います。モデルは森可成(Mori Yoshinari)さんでいきたいと思います。

森さんは戦国時代の武将です。織田家に仕える武将で、美濃国金山城の城主ですね。今回はM. Yoshinariでいきます。

スポンサーリンク

実演

早速ステップ2から

m1

引き続き配置の検討

下付きの方が安定感があってよさそうですね。今回は下配置でいきましょう!

ではメインパートのデザインへ進みましょう

一番上から:

  1. まずはmを普通に描き、yで下線を描いたシンプルでオーソドックなもの
  2. mの書き出しを特徴的に描いたバージョン
  3. 同様にmに少しアレンジを加えてみたバージョン

mの場合、大文字をMとするか、m(筆記体)にするかでデザインが大きく変わるのですが、筆記体の方が流線的で色々なデザインを生みやすいと思います。個人的にも筆記体の方がスタイリッシュだと思うので、この路線で検討を重ねます。

最終的に、上の2番目のデザインに少しアレンジを加えて以下で完成としました。シンプルですが線の伸びやかさが美しく、中々良さそうですね。

さて、もう少しmに変化を加えたバージョンも作ってみたいと思います。

こちらは、yの下線ではなくmの下線を使ってみました。mの下線を作るために、右側から描き始めています。

いかがでしょうか?こちらもオシャレなデザインだと思いませんか?このデザインを使う場合の一番のコツは、右から長く書き始めることです!是非試してみてください。

まとめ

今回はMでしたが、いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば嬉しく思います。Mは上述のとおり、Mとm(筆記体)で大きくデザインが変わるので、色々なバリエーションを作ることができます。ご自身の好きなものがきっと見つかると思いますので、試行錯誤してよいものを作ってください!!

最後に、恒例のボツ集を載せておきます。こちらはMで作ってみました。女性の場合は思い切ってMをハートの形にするとカワイらしいものができると思いますので、お試しあれ。

以上、イニシャルMでした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。もし記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです。

スポンサーリンク




サイン自作に役立つサイトをまとめたリンク集つくりました。是非こちらも併せてご覧ください。 便利なサイト(ここをクリック)

コメントをどうぞ