サインの書き方|実演(イニシャルS)

イニシャルSのリクエストを頂いたので、今回はSを紹介したいと思います。リクエスターのご要望にお応えして、Sadafumi.Kで作成したいと思います。

スポンサーリンク

実演

いつも通りStep.2から始めます。

Sの大文字の表現はだいたい上記3パターンになるかと思います。今回はそれぞれのパターンでデザインを進めてみましょう。

次は小文字の配置を検討してみます。

中でも下でもどちらでもよさそうに感じました。Sから繋げてくる場所によって小文字の位置が決まりそうですので、ここでは特に決めないままデザインを進めます

では、いよいよデザインに入ります。

一番上は普通に筆記体で書いたものですが、これだけでも十分綺麗ですね。何度も記事内でお伝えしていますが、やはりイニシャルを大きく書くこと、これはとても重要です。

二番目のサンプルはSの上を伸ばしてみました

三番目は、二番目に対するカウンターを入れています。(逆の場所に平行線を配置していること)これは、イニシャルOの記事でも触れましたが、オーソドックスなテクニックでどのイニシャルでも使えるので是非試してみてください。

引き続き、別バージョンのSでデザインしてみます。

こんな感じです。こちらも書きやすいので、後ほど色々と試してみましょう。

3つ目のバージョンもどんな雰囲気になるかアタリを付けてみます。

えー、、、こちらは難しいです。管理人的に苦手な書き方なようなので、このバージョンは辞めます。

ということで、最初の2つのパターンを色々と試して以下で完成としました。

中々よさそうなものが3つできたので、全て掲載しておきます。

まとめ

さて、今回はSを使ったデザインを紹介いたしました。いかがでしたでしょう。Sもとても綺麗な文字ですね。Sは曲線のみでシンプルに構成されており、デザイン・崩しにあたってはセンスを必要とするかもしれません。しかし逆に、よいサインができたら、非常に見栄えのする、一生の宝になるようなサインとなるかもしれませんね。

是非頑張ってみてください。

なお、Sの崩しが難しい、という方のために、イニシャルではなく、小文字の方で遊んでみた場合も今回は用意してみました。下記も参考になれば幸いです。

ちなみに、デザインの途中で楽しくなってきて、沢山のボツができたので併せて掲載しておきます。こちらは、「Sを丸にして囲ったらカッコイイかも」というコンセプトで試行錯誤したものです。

以上、イニシャルSでした!

最後まで読んでくださってありがとうございました。もし記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです。

スポンサーリンク




サイン自作に役立つサイトをまとめたリンク集つくりました。是非こちらも併せてご覧ください。 便利なサイト(ここをクリック)

コメントをどうぞ